軒瓦の加工で光る職人技

弊社吉野倉庫で、葺替工事中の現場で使う、一文字軒瓦の合端(あいば)をしました。

一文字軒瓦は、瓦の下端が真っ直ぐになっています。
この下端の水平のラインをしっかり出す為に、瓦を一枚ずつ擦り合わせをしなければなりません。
瓦を置いて隣の瓦とのラインを見直しては、たがねで削り、やすりで微調整を繰り返す。
この作業が合端です。

一文字軒瓦は合端の分手間はかかりますが、すっきりと引き締まった印象を与えてくれます。

PAGE TOP