雨漏り点検!屋根裏の確認!

お盆からの長雨で、雨漏り・修理の問合せをとても多くいただいております。
皆さん、被害はございませんでしたか。

雨漏り・修理で現場調査に出向いた際には、
建物の外側からだけでなく、屋根裏も確認させていただきます。

屋根裏は、天井の点検口から確認します。
点検口が無い場合は、和室等の押入の天井の板が1枚固定されずに持ち上がる様になっていて、そこから確認することができます。

最近、点検で確認した屋根裏の写真です。

屋根裏はこんな感じになっております。

色が変色している箇所が、雨が漏っている箇所です。
釘穴を伝って水が入ったり、
劣化した下葺き材の切れ目から入ったりすることが多いです。

雨漏りを放置しておくと、野地板や垂木等が腐食し、
建物自体の劣化が進み、大事に繋がることもございますので、ご注意下さい。

現在雨が漏っている方はもちろん、
雨が漏っていなくても気になる方は、お気軽にご相談下さい。
雨の日の点検は特に危険ですので、プロに任せて、
くれぐれも屋根に登らないようにして下さいね。

屋根・外壁・塗装・板金!
屋根・雨漏り・修理・補修のご用命は、
「屋根・外壁工事専門店」のカスコまで!!

PAGE TOP