日本屋根経済新聞に掲載!耐風改修制度の実施に向けて!

先日、ブログに投稿しました、
徳島県庁での「瓦屋根強風対策」の意見交換会の記事が、
日本屋根経済新聞に掲載されました。

似ているのですが、日本経済新聞ではなく、日本屋根経済新聞です。
日本屋根経済新聞は、その名の通り、屋根業界の動向や屋根に関連する商品の情報等を取り扱っている、日本唯一の屋根業界紙です。

掲載された記事はこちら。

国の方では、令和3年度の「住宅・建築物安全ストック形成事業」が既にスタートしておりますが、
新聞の記事によりますと、全国の自治体で、耐風補助制度を実施しているのは、福島県や宮城県の一部のみとのことです。
これは、いずれも今年2月に発生した福島県沖地震の被災地で、被災屋根の改修工事の補助として耐風補助制度を活用している様です。

その他の地域につきましては、
我々、徳島県瓦工事・販売組合が行った様に、組合で勉強会をしたり、各自治体に対し制度創設に向けての請願・陳情を行ったりしている最中です。
当組合は、全国の組合の中でも、比較的早い段階から動き出しております。

補助制度が実施されると下記の補助金が受けられる予定です。

補助金額
瓦屋根の耐風診断:最大 2.1万円/棟
瓦屋根の耐風改修工事:最大 55.2万円/棟

台風に備えての耐風対策や、屋根の雨漏り修理を検討をされている方に、是非ご活用いただきたい補助制度です。

先日の意見交換会の際の話では、
徳島県・徳島市の担当者の方も「国の方と調整して、来年度から実施できれば…」と補助制度の実施に向け、前向きに検討して下さっておりました。

またこれから色々と詳細が決定し次第、弊社より改めてご案内させていただきます。

屋根・外壁・塗装・板金!
屋根・雨漏り・修理のご用命は、
「屋根・外壁工事専門店」のカスコまで!!

PAGE TOP